【母子を切りつけ】 小西威規(27)を逮捕、刃物で母親(40)と子供(5)を切りつけ、逃走しようとしたところを警察官に撃たれ、確保

29日夜、京都市北区の住宅街で、5歳の男の子と母親の親子2人が刃物のようなもので切りつけられて、けがをしました。現場の近くには刃物を持った男がいて、警察官が拳銃を発砲してその場で逮捕し、警察は、男が親子を切りつけたとみて詳しい状況を調べています。
29日7時すぎ、京都市北区衣笠開キ町で、男が近隣の住民とトラブルになっていると、警察に通報がありました。警察官が駆けつけたところ、男が刃渡りおよそ6センチのナイフのようなものを持って立ち向かってきたことから警察官は1発威嚇射撃をしたうえで、男に拳銃を発砲して取り押さえたということです。

警察によりますと、男は、住所不定の自称・小西威規容疑者で、銃刀法違反などの疑いでその場で逮捕されました。小西容疑者は拳銃で撃たれて両足にけがをしていて、病院で手当てを受けています。

現場の近くでは40歳くらいの母親と一緒に歩いていた5歳の男の子が刃物のようなもので切りつけられ、このうち男の子がけがをして手当てを受けています。警察によりますと、男の子と小西容疑者のいずれも命に別状はないということです。 警察は、小西容疑者が親子を切りつけたとみて、詳しい状況を調べています。現場は、京都市北部にある「千本北大路」と呼ばれる交差点の北西側で、大学や住宅などが建ち並ぶ地域です。

現場近くに住む女性は、「外で騒いでいる声が聞こえたので、自宅の窓から外をのぞいたら、ナイフのようなものを持った男が暴れているのが見えた。駆けつけた警察官が男に刃物を捨てるよう呼びかけながら、近くを通りかかった人に現場に近づかないように指示していた。その後、男は北の方向へ逃げ姿が見えなくなった。拳銃を発砲したような音が3回くらい聞こえた」と話していました。

近所に住む55歳の女性は、「外でけんかをしているような声が聞こえたのでベランダから外を見ると、男が警察官に向かって刃物を振り回していた。かなり興奮気味だったが、警察官が刃物を捨てるよう言うと男は逃げた。そして、すぐにパンパンパンと乾いた銃声が聞こえた。ここは静かな住宅街で子どもも住んでるので、こういった事件が起きて本当に怖いです」と話していました。

切り付け事件現場周辺

千本北大路交差点近く、京都市北区紫野花ノ坊町の楽只市営住宅15棟の向かいが事件現場とみられる

現場周辺の画像 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応