【小西威規】母子切りつけ事件犯人の小西威規(27)の顔写真、facebookなどは?

29日午後7時ごろ、京都市北区衣笠東開キ町の住宅街で、「男が来て殺すぞと言っている」と付近住民から110番通報があった。駆けつけた京都府警の警察官が取り押さえようとしたところ、男が刃物を振り回したため警察官が発砲。男は銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された。

 京都市消防局によると、現場で男に切りつけられたとみられる母親(40)と男児(5)がけがをしており、市内の病院に搬送されたが、いずれも命に別条はないという。

 北署によると、逮捕されたのは住所、職業不詳の小西威規(たけのり)容疑者(27)。刃渡り約6センチのナイフのようなものを持っていたため、警察官が捨てるよう警告したが抵抗したという。このため警察官が威嚇射撃をした後、4発発砲。小西容疑者は両足を負傷して病院で手当てを受けているが命に別条はないという。

 現場は京都市北部の住宅街で、近くに金閣寺や大徳寺などがある。事件当時、現場近くを歩いていた男子大学生(20)は、数十秒ずつの間隔で発砲音を聞いたという。「何が起こるか分からない。怖い」と話していた。

小西威規の関連ニュース

京都市北区衣笠東開キ町と、紫野ノ坊町の住宅街で母子を切り付けて逮捕された、小西威規(27)の顔写真はまだ公開されておりません。

警察官が5発発砲して、4発が命中したとの事ですので、病院で治療を受けていると思われます。

また、自称小西威規となっておりますので、身元がまだ確認できていない可能性が高いです。

またfacebookやTwitterの情報、出身地などは特定できておりません。

情報が入り次第、更新いたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!