【行方不明】 十津川高校2年の南大智さん(16)が剣道部のランニング中に行方不明に、最後尾を走る

奈良県十津川村で午前中から高校の部活動で校外にランニングに出た男子生徒の行方がわからなくなり、警察は山に迷い込んだ可能性もあるとみて消防などとともに捜索しています。 行方がわからなくなっているのは、奈良県立十津川高校の2年生、南大智さん(16)です。

警察によりますと、南さんは18日午前9時ごろから剣道部の部活動でほかの部員や顧問の教諭らの4人と一緒に校外でランニングをしていましたが、途中で遅れ、その後、学校に戻ってこなかったため顧問の教諭が警察に届け出ました。
ランニングコースは15キロほどの道のりで、主に十津川沿いを通る村道ですが走るのは18日が初めてだったということで、警察は南さんが途中で山道に迷い込んだ可能性もあるとみています。
十津川村は▼17日の最低気温が氷点下1度1分、▼18日は0度2分とかなり冷え込んだこともあり、警察は消防や学校関係者とともに夜を徹して周辺を捜索しています。
南さんは身長1メートル75センチで、短い髪でめがねをかけ、上が灰色、下が青色のジャージ姿だということです。

奈良県十津川高校の地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応