【登山中に刺される】 岡山県「常山」の登山道で人が刺され重体、登山中のトラブルか?

 1日午後3時50分ごろ、岡山県玉野市にある常山の登山道で「人を刺した」と119番があった。県警玉野署員が駆け付けたところ、背中などから血を流して倒れている30~40代の男性を発見、岡山市内の病院に搬送したが意識不明の重体という。通報したのは男で、同署は殺人未遂事件として捜査している。

 同署などによると、男性は背中や太ももなどに刺し傷があり、血の付いた刃物が現場から見つかった。現場は車が通行できる登山道の中腹より上の地点で、近くには乗用車と軽自動車が1台ずつ残されていたという。
 同署は通報者が何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。

常山とは?

常山(つねやま)は、岡山県岡山市南区および玉野市の境に位置する山である。標高307m。

〒706-0132 岡山県玉野市用吉

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応