【登山中に包丁で刺殺】 山口良太郎(32)を逮捕、登山道で口論となり神原麻玖さん(38)を包丁で刺し殺す

 1日午後3時50分ごろ、岡山県玉野市木目の登山道で「人を刺した」と119番があった。連絡を受けた県警玉野署員が駆けつけると、同県倉敷市児島小川3、職業不詳、神原麻玖(まく)さん(38)が背中などから血を流して倒れており、同日夜に搬送先の病院で死亡した。県警は2日午後、住所不詳、自称建設業、山口良太郎容疑者(32)を殺人容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、1日午後3時50分ごろ、登山道で神原さんの背中などを包丁で複数回突き刺し、殺害したとしている。

 県警によると、2人は以前からの知り合いで、山口容疑者は「ささいなことから口論になり、包丁で刺した。1人でやった」と容疑を認めている。

 現場には、血の付いた包丁と、乗用車と軽乗用車が1台ずつ残されていた。軽乗用車の名義などから山口容疑者が浮上した。

関連ニュース

殺害現場の常山登山道とは?

常山(つねやま)は、岡山県岡山市南区および玉野市の境に位置する山である。標高307m。

〒706-0132 岡山県玉野市用吉

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応