阪神JFとNHKマイルCを制した、「メジャーエンブレム」が引退、競争能力喪失

15年度の最優秀2歳牝馬で、G1・2勝馬のメジャーエンブレム(牝4歳、美浦・田村康仁厩舎)が4日、引退することがサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。
 同馬は昨春のNHKマイルC制覇後、福島県のノーザンファーム天栄へ放牧に出されたが、左後肢の筋肉に痛みが出たため、復帰戦に予定していた紫苑Sを回避。北海道のノーザンファーム空港に移動後も懸命に調整を続けたものの、左前肢の蹄も痛めるなどアクシデントが続いていた。

 HPでは一向に回復の兆しが見られず、はっきりとした原因が特定できない状況下で、競走能力喪失と診断された、としている。

メジャーエンブレムについて

調教師 田村康仁 (美浦)
馬主 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 243百万円
通算成績 7戦5勝 [5-1-0-1]
主な勝鞍 16’NHKマイルC(G1)、15’阪神JF(G1)
近親馬 メジャーステップ、メジャープレゼンス
血統
父:ダイワメジャー
母:キャッチータイトル
父父:サンデーサイレンス
母父:オペラハウス

メジャーエンブレムの競争成績

NHKマイルC(G1) 1着
桜花賞(G1) 4着
デイリー杯クイーンC(G3) 1着
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着
アルテミスS(G3) 2着
アスター賞(500万下) 1着
2歳新馬 1着

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応