アニメ「聲の形」が9月17日公開、カワイイと評判の山田尚子監督のインタビュー

大今良時のベストセラーコミックを、『映画 けいおん!』などを生み出してきた京都アニメーションが映画化する『映画 聲の形』が9月17日(土)に公開されることが決定し、新ビジュアルと特報映像が公開になった。 原作は2013年から2014年にかけて『週刊少年マガジン』に連載され、大きな反響を呼んだ作品で、“退屈すること”を何よりも嫌う石田将也と、小学生の時に彼の学校に転校してきた少女・西宮硝子が主人公だ。ふたりが小学生の時、硝子の出現により将也は退屈な日常から解放されるが、ある出来事をきっかけに将也は孤立してしまう。やがて5年の月日が経ち、ふたりは高校生になり、ある出来事から心を閉ざしていた将也は、硝子の元を訪ねていく。 監督・脚本は『たまこラブストーリー』でタッグを組んだ山田尚子と吉田玲子がそれぞれ担当。『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』の西屋太志がキャラクターデザインを務める。

動画

映画『聲の形』舞台挨拶 早見沙織・松岡茉優・山田尚子監督

山田尚子監督 経歴

幼少期は『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』、『スタジオジブリ作品』をよく好んで観ていた。また、小学生の頃より絵を描くことが好きで、ドラゴンボールや機動警察パトレイバー、ハイスクール!奇面組などの柄を模写していた。

高校時代はテニス部と写真部に所属。京都造形芸術大学に進学後は特撮部に所属していた。

都造形芸術大学美術造形学科洋画コース卒業後、京都アニメーションへ入社、『CLANNAD -クラナド-』で演出デビューを果たす。

そして、20代半ばにして『けいおん!』の監督に大抜擢される。映画も好評を得る。
その後、「映画けいおん!」で長編映画初監督を務めると、第35回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞。

その後、オリジナル作品の『たまこまーけっと』『たまこラブストーリー』の監督を手がける。
大今良時原作『聲の形』の映画版を2016年9月17日に全国で公開される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

掲示板での反応


キラキラ主人公みたいになってそうだな


『僕だけがいない街』アニメ版みたくオリジナル展開でまとめるのかな?
それにしても2時間では足りなさそうだが…


小学校時代の主人公がクソ過ぎて引くレベル


オトノハコを映画化してくれよ


これ原作途中で読むのやめちゃったんだよね
なんかすごく「うぅうう」てなっちゃって


劇場版よりもノイタミナ枠辺りで
テレビアニメ化した方が合ってたと思うけどな


心にグサグサくるいい漫画だった。
普段アニメとか見ないけど、これは見てみたいな。


大正義コンビ


見たいけど、やっぱ泣いちゃうわ。
つべ見ただけでウルウルしてしまう。


ここだけの話実写化プロジェクトも動き出してると聴いた。


京アニというのが嫌だが、どこでやっても映像化は難しいんじゃないか
音の無い漫画だからよかったように思える


動画のクオリティ凄い事になってるな


実写やりたかろうな


編集の煽りがすごかったな
載せていいのかとか問題作とか
その甲斐あって売れたようだが
結局はぬるいラブコメだったな


夏の段階で作者構想では7巻で完結予定、延長を打診したが作者が強く拒否したと編集のTwitterに記されてたな


連載版は確かにグダグダではあったんだが、
漫画としての表現力とか演出力とかはかなりのレベルだったんで、切るに切れなかったな


せっかく吉田さんがけいおんで作った男性層の京都アニメーション人気を
誰かが勘違いしてしまって

たまこまーけっと等、「リア充イチャイチャのアニメ」ばっかり作るようになって
どんどん人気は落ちてしまったんだよなあ

みんなほのぼのとした世界が好きだったわけで、現実の世界の様な男女のリアル感はアニメには必要なかったのに

ファンを切り捨てる必要もなかったのになあ。


広瀬すずで実写化決定


公式コメント来たね

脚本やキャラクター造りは原作者としては
「え?」って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、
スタッフなど、現場は超優秀な人達ばかりです。
ボクやファンの皆さんは別次元の『新・聲な形』
として鑑賞するのが正解かもしれません。
もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれません。
おおいに期待しています!!

原作者 大今吉時

引用元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/iga/1250740172/

twitterでの反応