【鬼畜】 藪下里美(32)と交際相手の伊藤浩二(32)を逮捕、男に指示され3か月の結心ちゃんを暴行しラブホテルの風呂へ沈める

 北九州市小倉南区で昨年12月、生後3カ月の乳児を殺害したとして、福岡県警は12日、殺人容疑で母親の契約社員藪下里美(32)=同県行橋市南泉3丁目=と交際相手の会社員伊藤浩二(32)=北九州市小倉南区朽網西4丁目=の両容疑者を逮捕した。捜査関係者によると、藪下容疑者は「伊藤容疑者から風呂で溺れたことにするよう指示された」と話しているといい、県警は乳児が死亡した経緯などを詳しく調べる。

 逮捕容疑は昨年12月17日夜、同市小倉南区のホテル客室内で、当時生後3カ月だった娘の結心(ゆい)ちゃんを浴槽内に沈め、頭部に暴行を加えて殺害した疑い。死因は頭蓋内出血。県警は認否を明らかにしていない。

 県警によると、両容疑者は事件後、同市小倉北区の病院に結心ちゃんを車で搬送。病院で死亡が確認され、病院側から「死因が分からないため検視してほしい」と県警に通報があった。当初、藪下容疑者は「娘を風呂に入れている際に居眠りしてしまい、気付いたらぐったりしていた」と話したが、司法解剖などの結果、結心ちゃんの頭部などに不審な傷が見つかった。

 結心ちゃんは両容疑者の子どもとみられ、伊藤容疑者は別に家族があるという。藪下容疑者の周辺で自治体や警察に虐待などの報告はなく、自宅近くの男性は「近所付き合いもなく、子どもの泣き声などは聞いたことがない」と話している。

ニュース動画

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応