【毎日痴漢:200件】 十倉康斉(43)を逮捕、下半身を露出させて自転車に乗り痴漢行為、「数年前からほぼ毎日」

帰宅途中の若い女性をねらって体を触る行為などを繰り返したとして、大阪府警捜査1課は20日、強制わいせつなどの疑いで、大阪市都島区都島本通、無職、十倉康斉容疑者(43)を逮捕・送検し、20件の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。

 捜査1課によると、十倉容疑者は夜間に下半身を露出した姿で自転車に乗り、追い抜きざまに若い女性の尻を触るなどの行為を繰り返していた。十倉容疑者は「数年前からほぼ毎日、仕事終わりに10~20代の女性を物色していた。200件はやった」と供述しているという。

 送検容疑は平成28年8月、大阪市内の路上で、徒歩で帰宅中の女性会社員=当時(24)=を自転車で追い抜きざまに尻を触るなど、22年3月~28年8月、府内で痴漢やわいせつ行為を繰り返したとしている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!