【連れ子暴行】 古川大之(25)を逮捕、2歳の女の子を蹴り太ももを骨折させる、「腹が立ったから」と供述」

千葉・四街道市で2015年、当時2歳の女の子に暴行を加え、重傷を負わせた疑いで、25歳の義理の父親が逮捕された。
古川大之容疑者(25)は2015年12月、四街道市の自宅で、当時2歳の女の子をけり、足の骨を折るなどの重傷を負わせた疑いが持たれている。
古川容疑者は、女の子の義理の父親で、調べに対し、「子どもの行動に腹が立ったのでけった」と容疑を認めている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応