椎木公生容疑者逮捕、アメリカ村のバーで大麻所持、大麻の密売拠点の疑い

自宅で栽培した大麻を大阪・アメリカ村で経営するバーで隠し持つなどしたとして、近畿厚生局麻薬取締部が大麻取締法違反容疑などでバー経営、椎木公生(きみお)容疑者(37)=大阪市都島区=ら男2人を逮捕していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。椎木容疑者は「自分が吸うためだった」と供述。同取締部はバーが大麻の密売拠点だった疑いもあるとみて捜査している。  捜査関係者によると、椎木容疑者らは8月、自宅マンションや同市中央区のアメリカ村にある雑居ビル内のバーで、大麻草3株や乾燥大麻約90グラム、コカイン0・056グラムを隠し持っていた疑いが持たれている。  同取締部は、椎木容疑者が昨年夏に自宅で大麻の栽培を始め、栽培道具の購入に100万円以上使ったとみて調べている。

大麻所持だけではなく栽培まで、本格的に密売をしていたようですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応