松下昌裕(43)を逮捕、「サイエンス・サプリ」社長、「子宮内膜症治療薬」とうたい未承認サプリ販売

サプリメントを「子宮内膜症の治療薬」などとうたって販売したとして、警視庁生活環境課は1日までに、医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告など)容疑で、健康食品販売会社「サイエンス・サプリ」社長松下昌裕容疑者(43)=東京都荒川区南千住=を逮捕した。「会社を繁栄させるためだった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2016年5〜11月、自社のホームページで、医薬品として承認されていないサプリメント「ピクノジェノールスーパーピーディーアール」を子宮内膜症や月経困難症の治療薬などと宣伝し、鹿児島県の主婦ら3人に販売するなどした疑い。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応