青山堅二(32)を逮捕、同僚の衛藤久宜さんをくぎ抜きで殴り、ナイフで刺す、県警から二度逃走

 元同僚の男性(38)を釘抜きで殴ったり、刃物で切りつけたりしたとして、大分県警は24日、大分市光吉、無職青山堅二容疑者(32)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。県警は、容疑者が乗った可能性のある車に逃げられたり、職務質問中に酷似した男に逃げられたりしていた。

 大分中央署によると、青山容疑者は16日午後8時半ごろ、大分市で元同僚を殺そうとした疑いがある。署は22日に顔写真を公開した。

 県警は、事件直後の16日午後10時ごろ、青山容疑者が乗った可能性のある乗用車が走っているのを大分県玖珠町で発見。職務質問しようとしたが逃げられ、車は数キロ離れた場所で無人で見つかった。

 23日午後10時ごろには、大分県日田市の女性から「似た人がいる」と通報があり、日田署員が顔や体格がよく似た男を市の中心部に近い路上で見つけ、職務質問を始めたところ逃げられ、見失っていた。

 大分中央署によると、24日午後8時ごろ、日田市の20代男性が「似た人物がいる」と通報。男性は自転車に乗っていた青山容疑者を車で追いながら、警察に居場所を連絡し、駆けつけた署員たちが郊外の路上で青山容疑者を取り押さえた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応