【レース動画あり】モレイラ神騎乗「ヴィブロス」がドバイワールドカップターフを制覇、大魔神が所有

3月26日(日)、アラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場でドバイターフ(G1)(北半球産馬4歳上 南半球産馬3歳上 1着賞金:360万米ドル 芝1800m)が行われ、日本からはJ.モレイラ騎手騎乗のヴィブロス(牝4、栗東・友道厩舎)が出走。直線で差し切って海外G1初制覇を飾った。

道中はインの後方を追走。勝負どころで一旦はインを狙うも、そこから切り返して外へ。手応えよく、脚を伸ばすと、フランスのエシェムを交わした。

勝ったヴィブロスは姉がヴィクトリアマイルを連覇のヴィルシーナ、兄が重賞2勝のシュヴァルグランでいずれも佐々木オーナーの所有馬。国内では昨秋に秋華賞を制したものの、キャリア8戦3勝という浅いキャリアながら、初の海外にも対応。新コンビ・モレイラ騎手を背に差し切りを決めた。 ドバイターフは昨年もリアルスティールが制しており、日本勢は連覇。前身のデューティーフリー時代もジャスタウェイ、アドマイヤムーンが制している。 オーナーはお馴染み、元メジャーリーガーの大魔神・佐々木主浩さん。愛馬の海外G1初挑戦で初勝利となった。生産者は安平町のノーザンファーム。馬名の意味由来は「ギリシャの地名より」。

ドバイワールドカップターフ2017年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応