植松聖容疑者を精神鑑定をするために鑑定留置へ

 神奈川県相模原市緑区の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で46人が殺傷された事件で、横浜地検は21日、殺人容疑などで逮捕された元職員、植松聖さとし容疑者(26)を鑑定留置した。

 来年1月23日までの4か月間、専門医による精神鑑定で刑事責任能力の有無を調べる。

 植松容疑者はこれまで、死亡した19人への殺人容疑で計3度送検されており、処分保留中。今後、県警が負傷者27人に対する殺人未遂容疑などで追送検する見通しで、地検は鑑定結果を踏まえ、起訴するかどうかを一括して判断する。

植松聖容疑者の精神鑑定を実施するそうです。もし鑑定で心神喪失や心神耗弱と診断されたら・・・
精神鑑定とは?

精神鑑定(せいしんかんてい)は、裁判所が訴訟当事者などの精神状態・責任能力を判断するため、精神科医などの鑑定人に対して命じる鑑定の一つ。裁判所は、鑑定人の鑑定意見に拘束されず、自由に判断をなし得るが、これを採用し得ない合理的な事情が認められるのでない限り、その意見を十分に尊重して認定に用いなければならないとされている(最決昭和58年9月13日、最判平成20年4月25日)。

Wikipediaより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

掲示板での反応


コイツ、まともだと思うよ。
ちゃんと知的障害を何故憎悪するか
筋道立てて説明出来る奴だ。
健常者の職員を攻撃しなかった良識もある。
人権屋が守ってくれる、と見越した
ノルウェーのブレイヴィクと同じタイプだ。


マスコミは総スルーだろうな


最近なんか色んな事件が工作に見えてきた

引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1474406526/

twitterでの反応